思春期とお稽古

ひとつ、ふたつ…九つまでは、スズキメソードでは『つのつく時代』と言い、
言い方違えど、世界の共通認識としても、この年齢まで育てる『育て方』は
子どもの教育を考える上で、とても大切にしなくてはならない時代です。
最近では学校でも、二十歳の二分の一ということで、
小学4年生の行事に『二分の一成人式』として加えられている学校もある程です。

そして、その時代を超えると、段々難しい時期に入ります。
いわゆる思春期の入り口です。
もう子どもじゃない!ちょっとカッコつけて冒険してみたくなる。
大人の嫌な所が目につくようになり、反抗してみたくなる。
友だち同士でツルミたくなる。などなど。

自分は何のためにこの楽器の練習をしなくてはいけないのか?
もう辞めたいな…練習したくない、
今やろうと思ったけど練習しろと言われたからしたくない、
友だちと一緒にいたい、あの子と同じ事したい…いろいろ。
高校生になると、アルバイトもしたくなる年頃です。

目覚め始めたこの時期のお子さん方にとって、
バイオリンと向き合うのは、上手に整理できる事ではないでしょう。
既に進路を決めているお子さんは頑張れるかもしれませんが、そうでないお子さん。

親としても当然悩む時期です。
もう諦めるか、いや、今までやってきた事を簡単に辞めさせられない…

そこで、親子口論になるケースは多々あることです。

このような思春期にどう楽器と向き合わせるかー

親、先生に言われる事はやりたくない。しかし!

近い将来、大人になって嫌な仕事でもやらなければならない事がある。
やりたくない事はやらなくていいのか?!

仕事として任せられる事はたとえ嫌な事でも、どうにか工夫して効率良く、
自分の最大の力を発揮することが出来るのか、
それを学ぶためにも、今こそ『そのときのお稽古』を親子で考える時期なのだと思います。

お父様お母様の出番です。
どうぞ、バイオリンをどんどん引合いに出し、親子討論に活用してください。

時間が少ない、限られた中で、本人のやりたい事、それからやりたくない事も
如何に両立させ、どう取り組んだら自分の力を双方に発揮することができるのか、
思春期の彼らが試行錯誤で答を見つけるのを、大人として誘導し、見守っていただきたい。

バイオリンを単なるお稽古事、と捉えないで、幼少期から、児童、思春期、そして
シルバーになってからも充分に追求でき、と同時に楽しめる音楽の世界です。
一生続けられる、一生深められる素晴らしい高級品です。

思春期の子育てなんて…ではなく、
親である限り、『子育て』とは永遠の課題です。
スズキメソードとは、一生を通じ、親子で答を探し続けるもの。

新年度は、気持ち新たに親も子もお互いに、明るく迎えたいものですね。

さとうめぐみ